血圧下げて溜飲も下げる|日々体調と食事内容をチェックして塩分の量を減らす

介護

低糖質なものもおいしい

医者

最近は、糖尿病食をインターネット通販で購入できたり、宅配をしてくれるサービスなどもあるみたいです。糖尿病の方向けの低糖質なケーキなども購入できるので、甘いものが好きな方にとってはたまらないと思います。

Read More...

体のために注意すべきこと

医療従事者

腎臓病では、たんぱく質や塩分の摂取を控えるという食事が必要になります。宅配で腎臓病食を取り寄せることが出来るようにもなっているので、日々体調と食事内容をチェックしながら、利用してみるというのも簡単で安心できます。

Read More...

腎臓の病の人との付き合い

woman

腎臓病の患者との付き合いをする上では食事制限を受けている可能性があることは知っておくべきことです。しかし、タンパク質や塩分に必ずしも制限を受けているわけではないことには留意が必要であり、食事をともにするときにはその有無を聞くことが大切です。

Read More...

生活を見直します

ウォーキング

食事を見直します

血圧を下げる方法の中で、人気がある方法は、食事を見直すという方法です。血圧を上げる原因にはさまざまなものがありますが、その中でも、塩分の摂取が多いというものがあります。食塩に含まれているナトリウムに、血圧を上げるはたらきがあるからです。また、食塩を摂るとのどが渇くため、水分を多く飲むようになります。水分が体の中に入ると血液の量が増えて、血管にかかる圧力が上がることにつながります。塩分の量を減らすと、血圧を下げることができますが、食事が味気なくなります。しかし、ひと手間工夫することでおいしくいただけるようになります。例えば、今までの調味料を減塩タイプのものに変える、レモンやお酢など、酸味のある調味料を利用する、料理の仕上げに片栗粉でとろみをつけて食材に味が絡みやすくするなどです。毎日の食事で血圧を下げられるようにできます。

症状を和らげます

わたしたちの体は、血液を体のすみずみまでいきわたらせるために、血液に圧力をかけています。これを血圧といいます。血圧が高い状態になると、この圧力はさらに増すことになります。血圧を下げる工夫として挙げられる方法の中で、もっとも大切なことは、日々の生活の習慣を改善することです。例えば、食事内容を見直すこと、適度な運動の習慣をつけること、お酒を飲まないこと、たばこを吸わないことなどが挙げられます。高血圧の症状には、頭の痛みや肩こり、耳鳴り、目がくらむ、動悸がする、顔がほてる、吐き気がする、手や足がしびれるといった体の異変を感じることがあります。しかし、生活習慣を改善することによって、血圧を下げると同時に、これらの症状も和らげることができるメリットがあります。