血圧下げて溜飲も下げる|日々体調と食事内容をチェックして塩分の量を減らす

介護

体のために注意すべきこと

医療従事者

塩分とたんぱく質

腎臓病になると、食事に注意をするということがとても重要になります。特に、塩分の過剰摂取ということは、腎臓に非常に負担を与えてしまうということにもなります。またたんぱく質というのは体によさそうというようなイメージを持っている人もたくさんいますが、実は腎臓病に関してはたんぱく質というのは取りすぎるとよくないとされています。そういったことから腎臓病食というようなものを適切に食べるということが、必要になります。腎臓病食といわれるものは、塩分やたんぱく質をきちんと計算されて作られているため、日々の食事にこういった腎臓病食を利用することで腎臓病を患っている人にとっても安心した食事をとれるということになります。また腎臓病食は最近は宅配でも利用できます。宅配を使用することで、自宅で作るより簡単ですし、宅配であればお店に買いに行く必要もありません。こういった宅配を利用して安心を手に入れるというのもいいのではないでしょうか。

チェックを怠らないように

腎臓病を患うと、ずっと、体のチェックをしていかねばならないということになります。もちろん腎臓病食を食べているという事であっても、自分の体のことと直結しているので、本当にこの塩分、タンパク質で、現在の自分には適切なのかということを日々チェックするということも、重要なこととなります。もし、自分でわからないという事であれば、病院で医師や看護師などに相談をしてみるというのもいいでしょう。もちろん、腎臓病がそれほど進んでいないという人にとっては、たんぱく質摂取を抑え過ぎてしまうということはそれほどいいことでもない場合もあります。自分がどのような体の状態なのかをしっかりと見極めて、その時その時の食事をどのようにするべきかを考えていくべきです。