血圧下げて溜飲も下げる|日々体調と食事内容をチェックして塩分の量を減らす

介護

腎臓の病の人との付き合い

woman

よくある食べ物の制限

腎臓病を患っている人と付き合っていく上では気をつけなければならないことがあります。腎臓病の程度によっては食事に気を払わなければならないからです。腎臓の機能が低下してしまうと体の中から尿を通して色々なものを排出したり、尿の中に一度入ってしまう必要なものを再吸収したりすることができなくなってしまいます。それによってさらに合併症を持ってしまうリスクがあるからであり、食事によって摂取量に制限を受ける場合がしばしばあります。特に典型的なのがタンパク質と塩分であり、寿司や肉類の加工食品は避けなければならないという腎臓病の人もしばしばいます。人付き合いをする上では食事をすることが多いものの、相手が腎臓病を患っているときにはその内容に気を払うことが大切です。

必ずあるとは限らない制限

付き合う相手が腎臓病を患っているからといって、必ずしも食事制限を受けているとは限らないということも気をつけなければならない点です。腎臓の機能が大きく低下して閉まっている場合には厳しい食事制限が課せられますが、そうでない場合には日常的にはそれほど気にかける必要がない程度の場合もあります。腎臓に負担をかけなければ良いという程度であって、寿司も加工食品も問題ないという人も多いのです。過剰に気を使ってしまうとそれが侮辱や迷惑にもなりうるということは留意しなければなりません。一緒に食事をするということになったり、家に招待して食事を提供したりする場合には躊躇せずに食事制限があるかないかを聞いてみることが大切です。